FC2ブログ
 

資格取得の方法

メイクアップアーティストの資格

メイクアップアーティストの資格を取得し求人に応募しよう>

★メイクアップアーティストの資格を取得すれば、どんな仕事をするんでしょう?
・映画、TV番組、舞台の出演者やファッションショウ、雑誌のモデル等にメイクをほどこします。
・雑誌なら特集テーマを具体的に表現する等、依頼者に合せたメイクをすることです。  

★メイクアップアーティストの資格はこんな人に向いている
・仕事時間が不規則で長期間に及ぶ映画のロケ等もあるので、体力に自信のある人が望ましいでしょう。

★メイクアップアーティストの資格を取得するには、また、その後の就職は?
・プロ養成学校(スクール)・専門学校で取得します。特別な資格は必要ないですが、美容師の資格があると有利です。
・就職先は、メイク専門のプロダクションが殆どで、下記の求人・募集をチェックしておくことです。
・メイク専門のプロダクションに所属して、TV、映画といった現場に派遣されるでしょう。

・またコスメショップに就職し、化粧品の使い方やメイクのアドバイザーとし力を発揮する人もいます。
・メイクアップアーティストは安定収入も期待できるでしょう。
・その後実力次第でフリーとしての活躍も可能です。

・メイクアップアーティスト求人に関する情報収集は、次の情報媒体を用いるのが一般的です。
公共職業安定所(ハロー・ワーク)/就職フェア、転職フェア/新聞折込チラシ、新聞紙面への広告 /大学就職部(大卒新卒の求人)/メイクアップアーティスト求人情報誌/企業のウェブサイト/就職・求職専門ウェブサイト/人材斡旋会社(職業紹介会社) /派遣会社(紹介予定派遣)/スカウト、ヘッドハンター/店頭のポスター。

スポンサーサイト



PageTop

資格取得のメリット

資格取得するメリットってなんでしょう?

資格試験取得を考えている人、なんとなく資格取得に興味がある人、転職時にアピールしたい人、それぞれいることでしょうが、資格取得には勉強法とやる気が大切です。

みなさんの様々な想いを実現してくれる資格取得は、必ずしも資格試験取得=夢の実現とは言い切ることはできませんが、必ず何らかのきっかけになると思います。

会社にいて資格を取得すると、証明書として社内での信頼が得られる存在になれます。
それに資格手当てや資格取得奨励一時金などが支給される場合もあります。

資格取得で独立・開業やフリーランスとして活躍することを可能にもしてくれる場合もあると思います。
他業種へ転職する際も資格があればその垣根を越える手助けをしてくれます。

それと資格には、国家資格と民間資格、公的資格などがあります。
あなたが資格取得を考えている場合、まずは、どのような資格があり、それが国家資格なのか民間資格なのかをしっかりと調べるようにしましょう。

民間資格の場合は、取得しても就職などの役に立たないこともあります。
国家資格は、ほとんどの人が何らかの形で一つか二つは持っているはずです。

たとえば、自動車免許なども、立派な国家資格の一つなのです。
また、高校卒業資格や、大学卒業資格も、国家資格といえるでしょう。
専門卒業資格については、政府から認可を受けていない専門学校などもあるので、一概に国家資格と分類することはできません。

国家資格を取得するためには、多くの場合、試験に合格することが条件となります。
中には特別教習や技能講習を受けることによって取得することができる国家資格もありますが、これは、主に機械などの操作に関する資格がほとんどです。

専門的知識を必要とする資格などは、ほとんどの場合試験に合格する必要があります。
試験時期については、各国家資格によって違います。
また、各資格の人気度、難易度なども大きな違いがあります。
簿記資格などは知名度も人気も高い資格といえるでしょう。

資格取得にはいろいろなメリットがありますが、一番はあなたの能力の証明書になるということです。
なんといっても、資格取得の勉強法とやる気が大切です。

PageTop

測量士補の資格

「測量士補の資格取得を目指そう」(国家試験)

★測量士補の資格を取得すれば、どんな仕事をするんでしょう?(国家試験)

・測量士補の資格は、測量士の作成した計画に従って測量業務を実際に行なうのが
 主な仕事であります。
 
 地図作成や工事計画などに際して、専門技術者として土地の
 測量業務を行なうことのできる資格となっています。

・しかも、その仕事の成果は、あらゆる土木工事・建築の基本となるため、有資格者は
 欠かすことの出来ない重要な存在となっているのであります。

 また、情報化社会の発展に伴い、地図や測量に対する社会的ニーズも幅を広げ、
 カーナビ、地理情報システムなど新たな領域にも進出しています。

★測量士補の資格のメリット

・測量の専門技術者として国に認められます。
 
 測量・建設会社への就職・転職が有利になります。

 土地家屋調査士の午後試験が免除になることもあります。

 公共事業関係の仕事が多く、安定度抜群である。

★測量士補の資格取得のポイント

・試験対策としては、試験範囲が広いため、独学での合格はなかなか難しく、
 専門学校(スクール)、通信教育などで、テキスト・講座・通信教育・試験
 問題・過去問題・参考書などで勉強しましよう。

★測量士補試験ガイド

・受験資格は、制限はありません。尚、測量専門学校等を卒業しての資格
 取得も可能です。
・資格の種類:国家試験。
・試験日程: 5月中旬。 
・合格率: 28.3%。難易度もあります。

★測量士補の資格取得後の就職は?

・就職・転職は、建設会社、民間測量事務所、航空測量会社等があります。
 
 あるいは、公務員を選択する方法もあるでしょう。

・測量士の求人に関する情報収集は、次の情報媒体を用いるのが
 一般的です。

公共職業安定所(ハロー・ワーク)/就職フェア、転職フェア/新聞折込チラシ、
新聞紙面への広告 /大学就職部(大卒新卒の求人)/測量士の求人情報誌/
企業のウェブサイト/就職・求職専門ウェブサイト/人材斡旋会社 /派遣会社/
スカウト、ヘッドハンター/店頭のポスター。

PageTop

ゴルフインストラクターの資格取得

「ゴルフインストラクターの資格取得を目指そう」

★ゴルフインストラクターの資格を取得すると、どんな仕事をするのでしょうか?
・ゴルフインストラクターは、一般にレッスンプロともいわれ、プロゴルファーを目指す人や趣味としてゴルフを楽しむ人達に基礎から上達のコツまで様々なテクニックを教えます。

・女性インストラクターのニーズも高まっています。
ゴルフインストラクターの年収面も、安定収入の期待もされます。

★ゴルフインストラクターの資格に向いている人は、
・ゴルフが好きな事は勿論、一定レベル以上の実力と経験を備えている事が前提となります。
動作のメカニズムから用具の選び方、ゴルフに関する幅広い知識が必要となります。

・又、一人ひとりのフォームや欠点をチェックする鋭い観察力、練習方法をプラニング出来る能力も欠かせないでしょう。

★ゴルフインストラクターの資格を取得するには、また、その後の就職は?
・プロテスト、2次予選会出場者で、「ゴルフ指導員助手」養成講習受講後、認定試験を受験合格するとLPGA「指導員助手」となります。

・更に2年間研修を積み、「ティーチングプロフェッショナルC級」資格認定講習受講後、認定試験受験、合格後ティーチングプロC級会員としてLPGA入会となります。

・ゴルフインストラクターの求人情報は、インターネットでの求人広告が多く掲載されていますので、転職には困らないでしょう。

また、契約社員や派遣・パートの求人もあり、実績しだいで正社員に登用される会社もあります。

PageTop

Webクリエイター能力認定試験

クリエイターと付く資格を持っていると、今の時代の先端を走る仕事を行なっているような雰囲気がありませんか?
実際に、Webクリエイター能力認定試験の資格は、2001年に開始された比較的新しい資格です。
サーティファイ認定試験事務局が主催する民間資格となっています。

この認定試験では、Webページを製作するためのHTMLファイルのコーディング能力や、基本的なデザイン、Webサイトを構築する技術が試されます。
ちなみにコーディングとは、プログラム用語を用いてプログラムを作成することです。
試験はスタンダードとエキスパートの2つに分かれていて、どの級からでも受験でき、受験資格も特に制限はありません。

スタンダードで求められるのは、ツールを使用せずに標準的なWebページを作成し、仕様書に基づいて素材やテキストをレイアウトし、見た目の良さだけでなく操作もしやすいWebサイトを作る能力です。

エキスパートで取り上げられる問題にはフォームの定義、フレームの認定、オブジェクトの埋め込み問題などがあり、クライアントの意図を理解し、いかに快適なWebサイトを作り上げられるかが試されます。
いずれの級も、HTMLについての知識を整理し、実践に役立つ技術を確認するような出題内容となっています。

Webクリエイターとしての就職先は、Web制作会社やデザイン関係の事務所、またスクールのインストラクターとして働いている人もいます。
資格がなくてもWebクリエイターとして就職している人もいますが、実践的なスキルアップのために資格取得を目指す人、いずれフリーで仕事をしていきたいという人も取得を目指しています。
スクールに通い講座を受講する学習方法が堅実ですが、中にはテキストや過去問題集を使って独学で合格する人もいます。

PageTop

言語聴覚士の資格

◆言語聴覚士の資格(国家試験)

★言語聴覚士の資格を取得すればどんな仕事をするのでしょう?

・音声、言語、聴覚機能に障害を持つ人に対し、必要な検査を行い、適切なリハビリテーションプログラムを作成します。
・コミュニケーション能力を向上させていく為の訓練、指導、助言をする仕事であります。

・給料・収入面は、月収 17万円~(初任給)であり、国家試験合格率は、約68%程度となっています。

★言語聴覚士の資格はこんな人に向いている

・リハビリの対象は、脳血管障害や事故による失語症、先天性難聴、子供の言語発達等です。
・そうした言語聴覚機能の障害を持つ人に向き合う仕事なので、相手の気持ちを汲み取る根気と洞察力があり、意思疎通を図る事が出来る人に向きます。

★言語聴覚士の資格を取得するには、またその後の就職は?

・言語聴覚士の国家試験合格が必須です。
・国家試験の受験資格は、大学入学資格を有する者で3年以上、あるいは文部科学大臣指定の学校、専門学校、又は厚生労働大臣指定の養成所で3年以上の課程を修了した者等です。
・資格試験問題は、基礎医学・臨床医学・臨床歯科医学・音声言語聴覚医学・心理学・社会福祉教育等であります。

・就職は、病院やリハビリテーション施設、心身障害児施設等で働くことになります。
・インターネットでの医療・介護の求人就職・転職情報サイトがかなり多く全国各地で掲載されています。医療機関や介護施設できちんと働きたい、給与収入も安定したものが欲しい、職場環境も信頼できる所へ今すぐに入りたいという人などは、会員登録すれば、就職活動に大変便利な機能となっています。

PageTop

音響エンジニアの資格を取得

音響エンジニアの資格を取得すると、どんな仕事をするのでしょうか?

・音楽アーティストのコンサート会場で、又はCDのレコーディングスタジオで、
 複雑な機械を相手に奮闘しているのが音響エンジニアの仕事であります。
・一般的に、コンサートの音響を担当するPAミキサーと、CD制作を担当する
 レコーディングディレクターの2つの職種に分かれます。

★音響エンジニアはこんな人に向いている

・音に対して豊かな感性を持っている事はいうまでもありませんが、
 もっと良いものを生み出したいという意欲、旺盛な好奇心を持っている人、
 また集中力が必要です。さらに協調性のある人に向いています。

★音響エンジニアの資格を取得するには、また、その後の就職は?

・特に資格というものはありません。音響エンジニア大学、専門学校(スクール)で
 音響技術を学び、音響会社、レコ-ド会社、録音スタジオにアルバイトとして採用
 され、PAミキサーの場合、正規の採用試験にパスして音響会社の正社員と
 なります。

 もちろん、求人募集情報としては、インターネットでの求人募集広告が多く掲載
 されていますので、転職で困らないでしょう。
・レコーディングディレクターの場合も同様、レコード会社、録音スタジオの正社員
 となります。

PageTop

国家資格の難易度

自分が受けようと考えている国家資格の難易度を知って、勉強しなければなりません。
簡単なものならば前日に勉強するだけでも済むかも知れませんが、超難関の資格の場合は何年も受けて、それでも通らない人もたくさんいるのです。
国家資格にはいろいろな分野があり、その内容も様々ですが、難易度も大きく異なります。

一番難易度の高いものとしては司法試験、国家公務員、公認会計士などです。
司法試験の難しさはたいていの人が知っているかもしれませんね。
裁判官や弁護士になるにはこの資格が必要になるのです。

その次のランクとしては、税理士、一級建築士、上級シスアド、証券アナリストなどでしょうか。

●それから、日商簿記2級、臨床心理士、宅建取引主任者などになります。

国家試験の難易度を分野の違うもので比較することは現実的ではありません。
自分が受けようとしている資格に類似した資格で難易度を考えましょう。
例えば、簿記の場合で言えば、日商簿記2級の下は3級ですし、上は税理士となります。

PageTop

ビジネス用の資格試験

ビジネス用の資格試験ですが、一般的には、簿記、パソコン、語学力(英語)が挙げられます。

特にビジネス資格試験で語学力では、TOEICのスコアが企業標準となりつつありますので、ビジネス上のコミュニケーションができる程度には習熟しておきたいものです。

ビジネス系資格試験と言っても、さまざまなものがありますが、宣伝や流行に惑わされず、目的に合致した資格試験に挑んでいただきたいと思います。

PageTop

資格取得によりワリのいいバイト・副業生活が期待できる

より安定した仕事に就くため、あるいは現在のポジションからステップアップを目指して、
社会人となってから資格取得を志す人が増えています。

医師、税理士、弁護士など、相当難関の仕事を副業にしようと考える人は、まずいないと思いますが、
これがあると副業に役立つという注目の資格をいくつか紹介しましょう。

はり師、きゅう師、飲食店の食品衛生責任者などについては資格がそれぞれ必要です。

また、資格がなくてもできる仕事で、取得していれば自分の職能や実力を客観的に証明するのに役立つ、
仕事探しに有利になるという資格はたくさんあります。

賞状技法士、ネイリスト、カラーコーディネーター、
他にも簿記検定、ペット美容のトリマー、ペットシッターなどの資格は、
その分野で仕事をしようとするならば取得していると良いでしょう。

同様にラッピング、POP などには絶対的なものというわけではないようですけれど、
資格試験のために勉強したことは、仕事をしていく上で役に立つだけでなく、
自分を売り込む時の自信にもつながります。

また資格が役立つ職業はそれなりの技能が求められているせいか、
報酬も高い傾向にあるようです。

PageTop